メルマガの話

おすすめ○選!←この数字ってどう決めるの?

目安時間 7分
  • コピーしました
メルマガでお送りした内容です

(メルマガご購入者様通信でお話した内容です)

 

 

りあこです。

 

 

コロナで一家全滅しました。

 

 

昨年はサイトが全滅しましたが

今年はコロナで全滅です。

 

 

夏 って感じがしますね~(ちがう)

 

 

 

あ、大丈夫です。

おかげさまで家族みんな元気です。

 

 

ようやく今日から

子供たちも学校に行けまして、

 

(先月の夏休みの終わりかけでコロナになったものだから

ほんと急きょ夏休み延長で子供たち大喜びでしたよ)

 

 

ようやく日常が戻って

私はホッと一息ついてるところです。

 

 

ええ。

 

相変わらず、次女ちゃんは

家でのんびりしてますけどね。(安定の不登校)

 

 

 

で。前置き長くなりましたが

 

 

ブログで、モノを売る記事や

まとめ記事を書くときにね。

 

 

人気アイテム○選!

 

女性におすすめベスト○!

 

英語の発音練習○つのポイント!

 

みたいな感じで

 

 

 

○ ← 数字 を入れたりするじゃないですか。

 

 

 

「あの数字って

どうやって決めるものなんだろう」

 

「何を根拠に数字を入れてるんだろう」

 

 

って思ってたんです、

むかしの私。

 

 

 

私はアフィリエイトを始める前に

「コピーライティング」の勉強をしてたんですね。

 

 

コピーライティングですよ。

 

なんかかっこいいじゃないですか。

 

コピーとライティングですよ。

コピーって紙のことじゃないの?

え?ちがう?コピーは複写機のこと??

 

 

コピーライティングとは・・・

 

コピーライティングとは、主に広告宣伝のために文章を書くこと、またはその技術をいいます。 ここでの「コピー」とは、一般的に用いられている「写し」「複写」ではなく、「広告文」の意味です。

引用元:幻冬舎「コピーライティングとは」

 

 

 

で。(ときを戻そう)

 

 

 

そのコピーライティングの先生がね、

 

 

 

 

「この数字の入れ方には

じつはルールがあるんですよ」

 

 

と教えてくれたんです。

 

 

 

 

そのルールというのがこちら。

 

 

 

1,3,5,7,8,10

 

 

 

コピーライティングで

反応が高くなる数字って

 

基本は『奇数』なんですって。

 

 

 

例外として『8』もオッケーなのは

 

 

八百万の神とか

末広がりの八とか

 

日本では古来から

『八(8)』という数字が

特別な数字だからなんですよ、

 

 

みたいなことを先生が

言ってたような気がする。(そこはうろ覚え)

 

 

 

 

じゃあ、

コピーライティングでは

奇数が基本として

 

 

「先に数字を決めるの?」

 

それとも

 

「内容に応じて数字を決めてるの?」

 

 

ここが、気になるじゃないですか。

 

 

 

先に数字を決めちゃったら

どうにか記事内容を合わせなきゃいけないし

 

内容が先にあったとして

微妙に『6コ』とかだったときって

どうしたらいいの?

 

5か7に合わせなきゃいけないってこと?

 

 

 

むかしの私は

この、数字の決め方というのが

 

ものすご~く謎で

 

この数字の秘密を知らなきゃ

記事書けないし先に進めないし

今日やる気出ないしもう無理おなかすいた_(:3」∠)_

 

ってなるくらい私にとっては

超重要なポイントに思えたわけです。

 

 

 

そしたら先生がね、

 

 

すごいことを教えてくれたんですよ。

 

 

きっとコピーライティングの世界には

すごい秘密があるに違いないと思ってましたが

 

 

あったんですよ。

 

 

コピーの世界に隠された

知る人ぞ知る『数字の魔力』が・・・

 

 

 

それは・・・

 

 

→続きはこちら

 

(教材ご購入者様通信でお知らせしたパスワードを入れてください)

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

りあこ

りあこです。静岡県民、3姉妹の母、家で働いて10年になります。働き者のブログとメルマガに助けられています。

りあこの自己紹介

りあこ

りあこ
静岡県民、3姉妹の母、家で働いて10年になります。働き者のブログとメルマガに助けられています。
→詳しい自己紹介はこちら

カテゴリー